ロシアプーチン大統領が「対日強硬姿勢」を強めている。

 6月7日にはロシア外務省が、北方領土周辺での「安全操業」を認める協定の履行停止を発表。日本はこれまで協力金を支払って操業を続けてきたが、今後の先行きは完全に不透明となった。5月には、中露の戦略爆撃機による日本周辺共同飛行も行われるなど、緊張感は日に日に高まっている。

 また、ロシアの左派政党「公正ロシア」のミロノフ党首は4月、「ロシア北海道にすべての権利を有している」などと、脅しとも受け止められる見解を表明。日本との対決姿勢を強めている。

 そんな中で懸念されるのが、ロシアによる「北海道侵略」だ。

プーチン氏はかつて、『アイヌ民族をロシア先住民族に認定する』との考えを示したことがあります。これは言い換えれば、“北海道ロシアの領土”としていることに他ならない。日本人の多くは、まさかロシア北海道を侵略するとは思ってもいないでしょうが、誰も想定していなかったウクライナ侵攻が現実のものとなりました。実際、1950年に始まった朝鮮戦争下でも、旧ソ連による北海道侵略の危機がありましたからね。ウクライナの戦況で手詰まり感のあるロシア軍が、一転して北海道に上陸作戦を仕掛ける可能性は決してゼロではないのです」(政治ジャーナリスト

 ロシア旧ソ連時代の第二次世界大戦末期、どさくさに紛れ日ソ中立条約を一方的に破棄し、北海道占領を目論んで南樺太や千島列島などに侵攻している。ウクライナの戦争は決して対岸の火事ではないのだ。

(ケン高田)

アサ芸プラス


(出典 news.nicovideo.jp)

民主主義国家の女子期は共産主義国家の非常識なのかもしれない。

<このニュースへのネットの反応>

まともな船すらないのに、貴重な極東の陸上戦力すらウクライナの消耗戦に投入してるから無理やぞ。





日本に攻めるのはまず船がなきゃ話にならないんだよ。ロシア人全員兵士の装備背負わせて遠泳させて侵攻するなら別だけど。だからウクライナと違って実際にやるとなると遠いロシアの動きはそうやってもバレバレになる。バルチック艦隊が初めから完全に補足されていたようにね。


「アメリカの核の傘で」←真っ先に他力本願に走る時点で負け、核恫喝をしながら進行すればNATOもアメリカも手が出せないことはすでに証明されている。


「ウクライナと違って実際にやるとなると遠いロシアの動きはそうやってもバレバレになる」←ウクライナの件も演習名目で19万の軍を動かしていたことはバレバレだった。アメリカが1週間の誤差で侵攻タイミングを充てられるくらいにはバレバレだったんだよ。バレバレだから侵攻しない理由にはならない。


上の数人のコメントにもあるように「侵攻なんてあるわけない(できるわけない)」なんて考え方はもはやお花畑でしかない。すでに侵攻はあるものとして考えるべきフェーズ。


>くぁzwsx そんな無理な侵略でもやってくる相手だし、まして防衛側が後ろ手に縛られてたら成功しかねないし、そのままじゃ防げたとしても被害甚大になっちまうよ。片手でペシッと跳ね除けられるようにしておかなきゃダメだ。


領空侵犯されても何もしない、できないのは証明済みだし、普通に空挺部隊に急襲させたり、最初から旅行客に扮して待機させて後から装備だけを空から届けるとかってしてこない?威嚇射撃をした(しようとした)自衛隊が違法だ違憲だ言ってる間に終わんない?


軍事的に対応できる能力があったとしても、日本政府が速やかにGOサインを出せる状況にないからな。ことが起きた場合、現状では甚大な被害は避けられないだろうさ。


攻めてくる前提で準備しないと。ヤケクソで非合理的な判断を下す可能性はある。政府の事前の対応策が間に合わなければ、現場で正当防衛を極限まで拡大解釈して対応する事になるだろう。色々と問題も生じるだろうが、まあ悪いのはロシアだ


なんなら「特別軍事作戦を北海道へ行うがそれ以外には行わない。北海道の市民に危害は加えないし退避も認める。だがもし邪魔をする国があれば主要都市に核を落とす」的な宣言と本気度を示すために無人の洋上にでも一発投下して見せれば諸外国は非難だけで手は出せないし、日本国民だって「戦争反対、人命第一、土地は後から話し合いで取り返せばいい」で無血開城しそうなもんだが


「外交をしっかり整えられていればこういう事態は避けられた」のだろうし、「自民党が何の外交能力も有していないこと」の証明じゃないかな?


その、つまり能力が無い自民党の政治家が優位な今の国政の国を防衛したところで、一般市民になんかメリットがあるのかな?


「特権階級に対する上納金を与えてやるだけの国政」の国を防衛とか、こっちにはデメリットしかないのではないかな?


とにかく専門家連中が驚いたのがこの人数(少数)でウクライナ全面侵攻を!?だったからな。どうロシアが見積り計算したかしらんがこちらの損得勘定で判断するのは危険でしょ。こちらが勝つにしろ現地(市街地)が地獄になるのはかわらんしな。


それはたいへんだ。軍事費増額しなければ!ついでに防衛機構を考え直さねば、自衛隊から日本軍配備に変更するため憲法改正が必要だろう。


ウクライナの件で侵攻なんてあるわけないが全く信用ならなくなった。もう日和見主義は通用しないのかも


いい機会だから自衛隊で護衛しながら操業すれば?ロシアレベルの小国に極東で二正面戦やらかす余力はないからつつけばつつくほど美味しい状況。キッシーなんかやれ。


中国が台湾に手を出すタイミングでロシアが北海道に~って話はあるけど、ロシア単独で北海道に侵攻することはないだろう。また、3・11のような大きな震災が起こったタイミングで侵攻もありえるが


核保有国の横暴には、核保有で対抗するしかねえよな。


ウクライナの戦況で手詰まり感のあるロシア軍が、一転して北海道に上陸作戦を仕掛ける可能性は決してゼロではないのです←まあ、可能性はたしかにゼロとは言い切れないなw では十年以内に来る確率は何パーセントぐらい?


ロシアが侵攻してきたら国会前に共産党連中が集まって9条守れとかいうのに一票


船が無いから無理ぞ。まあ仮に侵攻された場合は第一撃は防げないだろうからそこだけは本当に日本の体制をどうにかせんといかんが。


ウクライナで手詰まりになったから他所に戦線延ばそうとか戦略的に言えば悪手どころではないけどな。


実は確率自体はそうとうあると見られてるけどな数%ってレベルでなくねなんでかというと黒海とバルト海失ったからもうあとがないのよ


「ロシアは勝ち目のない非合理的な侵攻をする。そして戦術的敗北から学習せず戦闘を続ける」この事実から目を背けてはいけない。政治的・法的制約のため即応できない自衛隊がなんとか北海道を奪還できたとしても、それまでに甚大な被害が北の大地を襲うことは間違いないのだ。今はそれを最小限にする方法を考えるべき時


侵攻が有り得ないのはロシアの侵略に備えていたらだろうね。その場合は幾らロシアでもそんな馬鹿な真似しないと思う。逆にある訳ないと目をそらしていた場合はウクライナのようになる可能性は十分にある。


近隣国全て敵国なのに島国なのを良いことに防衛手抜きしすぎだからな、そろそろ近隣国と渡り合える程度の軍備は整えるべきだろう


>kuni だから演習ですら19万人もいるのにその人数運ぶのにどれだけ船いるのって話。それだけの船動かしたら物凄い目立つよねえ。侵攻があり得ないって話ではなく事前に隠して動くのは不可能ってことを言いたいんだが。高々1桁台の中国やロシアの船が日本周り通っても警戒されないのはそこにある。


北朝鮮のミサイルとかも同様。本気で日本に攻撃するなら反撃される前に効果的な打撃を上げるため複数撃ち込まないといけない。だから複数撃つ準備していることが見えれば事前にわかるってこと。日本に攻撃をかけるのは目立つ。まあ潜水艦とかからミサイルでも撃てば別だがそれで日本が全面降伏すればいいがそうでないなら結局目立つ大量の占領人員を船で動かさなきゃならない。