湧き上がるニュース

 テレビではあまり取り上げられないが
世間では密かにバズっているニュースを
紹介しています
こういう話題に詳しくなってこそ本当の事情通!

    2022年01月


    東出 昌大(ひがしで まさひろ、1988年〈昭和63年〉2月1日 -)は、日本の俳優、ファッションモデル。 埼玉県出身。ギグマネジメントジャパンを経て現在はユマニテ所属。 高校時代に第19回メンズノンノ専属モデルオーディションでグランプリを獲得しデビュー。高校卒業後は大学進学するも中退し、宝飾デザ
    46キロバイト (6,151 語) - 2022年1月26日 (水) 09:09


    そもそも演技力がいのに何故これほどゴリ押しされたのか?

    1 jinjin ★ :2022/01/31(月) 11:54:55.90

    東出昌大は役者廃業のピンチ 「仕事欲しい」と自ら電話も決まらず、外資配信会社もソッポ


    俳優の東出昌大(33)がピンチに瀕している。
    1月31日付で所属事務所ユマニテから独立するが早くも計算違いが生じているというのだ。芸能プロ関係者はこう話す。


    「今回の独立に際し旧知の間柄のスタッフや俳優仲間に、仕事が欲しいと伝えているようですが、うまくいっていないようです。東出本人が電話しているようですが、仕事が決まらない」


    そもそも東出が世話になったユマニテから独立した経緯は、事実上の解雇処分だった。一昨年1月に女優・唐田えりか(24)との不倫が発覚後、妻で女優の杏(35)と離婚。
    さすがの東出も猛省し“女性スキャンダル”はコリゴリかと思った矢先、20代ハーフ美女との密会が発覚。

    しかも、「俳優として再起を懸けた主演映画『草の響き』のプロモーション中で、同じビジネスホテルには大勢のスタッフも泊まり込んでいたんです。そのホテルに連れ込んでいました」(前出の芸能プロ関係者)。

    この一件以来、ユマニテは東出の復帰を断念したのだという。


    頼る先がなくなった東出が一発逆転で狙いを定めたのがアマゾンプライムやネットフリックスなどの外資系配信会社。
    配信ドラマ1本当たりの出演料が日本のドラマの10倍とされるギャラに引かれて接触を試みたと言われているが、この2社のリアクションは想像以上に厳しかったという。

    「問題とされたのは大根や棒とまで揶揄される東出の演技力です。日本ならまだしも世界に演技力が通用するのか? という声がアマゾンやネットフリックス内でも出ているようです」(事情通)

    そもそも役者に向いていなかったのかもしれない。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/7d8010d33b748bd74fe95cc62e9fe66786b7032a


    (出典 img.jisin.jp)


    【独立派大失敗?東出昌大、仕事決まらず役者廃業の危機】の続きを読む


    こういう人たちは何でもかんでも陰謀論を主張するんだろうな。

    1 神 ★ :2022/01/31(月) 13:33:09.71

    1月23日の同時刻に、新宿、渋谷で反ワクチンを訴えるデモが行われた。ワクチンのみならずマスクまで有害だと主張するこの団体は、全国でデモを繰り返している。
    参加者はいったいどういう人々なのか。ジャーナリストの藤倉善郎氏が実況中継する。

    「ワクチン反対!」
    「ワクチン会場、閉鎖しろよ!」

    東京都で初めて1万人を超える1万1127人の新型コロナウイルスの新規感染者が確認された翌日の1月23日。
    寒空のもとに300人ほどの人が、デモに参加するため集まっていた。40~60代とおぼしき中高年が中心で、見た目には威勢を感じない。

    だが、各々が服装やプラカード等で見せる黒と紫の統一カラーは、おどろおどろしい。

    「(コロナは)存在しないんだよ!」
    「ただの風邪でしょそれ!」

    新宿中央公園を出発したデモ隊が甲州街道に出る。

    「そこのあなた、なんでマスクしてるんだよ!」
    「マスクの中には毒物が練り込まれてるんですよ! いますぐ外して!」
    「同調圧力に負けてんじゃねえ!」
    「子供に毒物ワクチン打たせてんじゃねえよ! バカ親!」

    沿道の通行人にまでマイクを向け、指を差しながら毒づく。
    「間もなくワクチン(接種)会場を通ります!」

    スピードダウンするデモ隊に、警察官が速やかな進行を指示する。しかし、リーダーの女性はデモ隊先頭を手で制して、さらなる減速を指示。
    時折、完全に立ち止まった。警官は声を荒げ始め、リーダーはマイクを通してさらに“逆ギレ”する。

    「歩いてください! (デモ申請時の)条件違反です! 条件違反!」(警官)
    「条件違反って脅されましたよ、皆さん!」(デモ隊リーダー)
    「警告です! 撮影開始!」(警官)

    制服警官の指示で、スーツ姿の別の警官が現れ撮影を始めた。この時点で、警官とデモ隊リーダーの軽い押し合いも起こっていた。

    彼らの主張は、シュプレヒコールの合間にリーダーが入れるアジ演説としてアピールされた。それ以外、デモ隊はひたすら、「We are Q!」を連呼する。
    しかも、複数の参加者が「TRUMP」と書かれた帽子をかぶり、大きな「TRUMP」のぼりもはためいている。

     にわかにはデモの趣旨が飲み込みにくい。リーダーのアジ演説をよく聞いて、ようやく全貌と背景が理解できる。

    「私たちはトランプ大統領から承認された世界で17億人いるQです!」
    「私たちは『神真都(やまと)Q』という団体です!」

    Qアノンの日本グループを名乗るのが、今回のデモを行った「神真都Q」だ。

    『あなたを陰謀論者にする言葉』(フォレスト2545新書)の著書があるライターの雨宮純氏は、こう解説する。

    「彼らは“光と闇の銀河戦争”から逃れてきた宇宙人が地球の政府機関等を支配しているというオカルト的な世界観を主張し、
    “大和民族”を“善なる宇宙人”や“龍神”の末裔と位置づけています。団体のマークが龍で“Q”の字を描くデザインなのも、その象徴です。

    昨年末から、その一群の中の数人のインフルエンサーが中心になって、いまこそ闇の勢力と戦うべきと呼びかけ勢いを増してきました。
    既存宗教系の“Jアノン”とは一味違ったオカルトやスピリチュアルの影響を強く受けたQアノン一派です」

    言うなれば、これまでさして組織化されていなかったオカルト・ナショナリストのグループだ。

    昨年秋頃から、彼らはネット上で人々の「覚醒」を呼びかけ、今年1月9日に日本全国で同時多発デモを行い、東京・渋谷ではおよそ1000人が集まったという。
    今回の新宿は300人ほどだが、同じく全国同時多発方式だ。
    https://www.dailyshincho.jp/article/2022/01311101/?all=1&page=1


    (出典 www.dailyshincho.com)


    ★1 2022/01/31(月) 11:44:12.76

    ※前スレ
    【新宿で300人デモ】ノーマスクでワクチン反対を訴える人々「宇宙人が地球の政府機関等を支配している、いまこそ闇の勢力と戦うべきだ」 [影のたけし軍団★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1643597052/
    【新宿300人デモ】ノーマスクでワクチン反対を訴える人々「宇宙人が地球の政府機関等を支配している、いまこそ闇の勢力と戦うべきだ」★2 [神★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1643600128/


    【マスクすら有害?反ワクチン集団が新宿に終結してデモ行進】の続きを読む


    ダンプ 松本ダンプ まつもと、1960年11月11日 - )は、日本の女子プロレスラー。タレント、女優。本名・松本 香(まつもと かおる)。 身長163cm、体重91kg、血液型B型。埼玉県熊谷市出身。えりオフィス所属。 「D・松本」と表記されることもある。
    40キロバイト (6,299 語) - 2022年1月24日 (月) 00:02


    増量と減量を繰り返すと体に悪そう。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/01/31(月) 07:33:47.78

    1/31(月) 6:05配信
    女性自身

    Copyright (C) 2022 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.

    「制作発表前の昨年10月くらいからオーディションはしていたのですが、主役がなかなか決まりませんでした。

    最終的に、ドラマの企画・脚本を務める鈴木おさむさんの“鶴の一声”で、彼女に白羽の矢が立つことになったのです」(芸能事務所関係者)

    彼女とは、ゆりやんレトリィバァ(31)。昨年11月に製作が発表された女子プロレスラー・ダンプ松本(61)の半生を描くNetflixドラマ『極悪女王』の主演をゆりやんが務めるという情報を、本誌はキャッチした。

    ゆりやんといえば、2018年末からダイエットに取り組み、最大時で110キロあった体重から45キロも減量したことで話題になった。

    「最近は下着ブランドのイメージキャラクターに選ばれるなど、痩せたことを生かした仕事を増やしています」(スポーツ紙記者)

    彼女が演じるダンプ松本は、チームユニット『極悪同盟』の中心メンバーとして、1980年代の女子プロレスブームをけん引した“人気悪役”だ。暴走族風の派手な衣装に身を包み、リング上で竹刀を振り回して“悪の限り”を尽くす姿に、多くのファンが熱狂した。

    全盛期の体重が115キロほどの巨体だったダンプを演じるにあたり、せっかく痩せたゆりやんに“ダンプ松本化指令”が――。

    「現役時代のダンプさんに近づくため、ゆりやんさんにはダイエット前の体重、つまり50キロほど増量してもらう必要があります。

    さすがの彼女も最初は呆然としたようですが、“また痩せられる”という自信もあるから、オファーを受けたのでしょう。撮影は夏に始まりますが、レスラーを務めるキャスト全員を、レスラーらしく筋肉をつけながら、半年かけて太らせていく予定です」(制作会社関係者)

    そんなゆりやんへ、悪役らしからぬ優しい口調で、ダンプ松本本人がこうエールを送る。

    「まだ正式に主演が誰とは聞いていないのですが、昨年10月に開いた私の還暦記念大会に、(鈴木)おさむちゃんとゆりやんちゃんの2人が見に来てくれてたんです。

    そのときに、『ゆりやんちゃんが私の役をやるのかな』って、漠然と思いましたね。実際に決まって、私はうれしいですよ! また太るのは大変だろうけど、前も太ってたし、きっと大丈夫(笑)。

    ゆりやんちゃんには、ファンからも嫌われるほどの“悪”になりきってほしい。恥ずかしがらず、自分で見ても『コイツ嫌だな』と思うくらい頑張ってほしいです」

    果たしてゆりやんは、“悪を極める”ことができるのか――。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/f0e455bd7c17a3a90c7b2f1baba315ff0ff5c9a7


    (出典 upload.wikimedia.org)


    【ゆりやん、ダンプ松本役に抜擢!50キロ増量命令に一時は唖然】の続きを読む

    このページのトップヘ