湧き上がるニュース

 テレビではあまり取り上げられないが
世間では密かにバズっているニュースを
紹介しています
こういう話題に詳しくなってこそ本当の事情通!

    カテゴリ:ニュース > 社会


    整形には依存性があるから、それを管理するのは親の責任だろう。

    1 フォーエバー ★ :2022/08/13(土) 16:23:03.75ID:CAP_USER9
    8/13(土) 15:32配信

    スポニチアネックス

     元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(53)が13日放送の読売テレビ「今田耕司のネタバレMTG」(土曜前11・55)に出演。女子を中心に、小中学生の間で整形が増えていることについて語った。

     小中学生の整形が「あり」か「なし」かの話題となって、橋下氏は「あり」と意思表示。そして「害になることとか、やり過ぎて歯止めが利かなくなるとか、いろんな問題がありますけど」と前置きした上で、持論を口に。「自分の写真をどんどん発信できる時代になったでしょ。で、小学生、中学生も見た目を物凄く気にしちゃってて。これを気にするなと言うんだったら、我々大人の方もネットの動画配信サービスを全部なしにするぐらいのことをやらないと。これをやっておきながら、子どもに見た目を気にするな!なんて無理ですよ」と語った。

     さらに「昔だったら、テレビに出る人とか、一部の人だけじゃないですか、発信できる人は。でも、今はどんどん発信できるから、いわゆるタレントさん、モデルさんと同じような意識になるのは当然」と口に。また、整形によるプラスの影響について、「見た目を悩んで、心の病じゃないけど、ふさぎ込んでしまってるという事例が急増してるんです。で、それは程度によりますけど、女の子であればケアとか、ホクロだったりとか、そういうのはいいんじゃないのかなと思うんですよ。ホクロが気になって内向きな性格になってしまう、表で全部出せないということがあるんだったら、取るといいと思う」と主張。その上で「ただ、それがもっと鼻を高くしてとか、そういうことになると親との話。僕はダメだと思いますけど」と付け加えた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/88d6b2173d82bc98174e5de6abbed30c84f75b0d


    (出典 media.image.infoseek.co.jp)

    【小中学生の『プチ整形』が急増!橋下徹氏がテレビで持論を展開】の続きを読む


    こんなことをした動機が気になる。

    1 Stargazer ★ :2022/08/13(土) 18:15:06.30ID:D1IbD3Z29
     13日午後4時ごろ、兵庫県姫路市、JR姫路駅前の広場で「人が火だるまになっている」などと通行人から多数の110番や119番があった。姫路署によると、駆け付けた交番の警察官が消火器で消し止めたが、50代の男性が全身にやけどを負って救急搬送された。男性は意識があり「自分で火を付けた」と話したといい、焼身自殺を図った可能性がある。

     現場は駅から姫路城まで延びる大手前通りの起点付近。周囲には観光客や買い物客が多く、一時騒然とした。目撃者によると、男性は搬送される際に立ち上がろうとし、救急隊員らに「動かなくていい」と制止されていた。鉄道の運行や駅ビルの営業に影響はなかった。

    https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/202208/sp/0015552341.shtml


    (出典 pbs.twimg.com)

    【JR姫路駅前で男が火だるまに!複数の通行人が警察に通報】の続きを読む


    いまだに高野連には根性論が根強くあるのではないか?

    1 jinjin ★ :2022/08/11(木) 08:44:48.30ID:CAP_USER9
    夏の甲子園で選手の熱中症多発 猛暑問題放置は「高野連の改革アレルギー」と識者バッサリ


    外出をなるべくさけること──。

    テレビに表示された熱中症警戒情報。
    その文字の中、炎天下の甲子園で白球を追いかける高校球児が映し出されている。


    開催中の全国高校野球大会で、序盤から酷暑によるアクシデントが続出。
    大会2日目の7日には3選手が担架で搬送され、翌8日にも3選手が足をつったり動けなくなる症状を訴えた。


    この展開は予想できたはずだ。数年前から猛暑で球児や観客が倒れるたび、改善策が俎上に上がってきた。
    ナイター開催、ドーム球場への変更……幾度となく議論されてきた案は一向に実現しない。

    今月4日には高野連が「暑さ対策として、試合を朝の部、夕方の部に分けて実施する2部制を含む、新しいさまざまな対策について検討を始める」と発表したが、どこまで本気なのか疑わしい。


    スポーツライターの小林信也氏が言う。
    「2部制と言い出したのは世論に配慮しているというアピール。高野連は変えることへのアレルギーがものすごくある。『夏に甲子園でやる』ことを絶対に変えたくないので、変えないための努力はするが、変えるための努力はしないでしょう。私はもう甲子園じゃなくてもいいじゃないかと思う。別に大阪でなくても、涼しい北海道でもいい。みんな『甲子園は聖地』だと言うけど、第一回(1915年)の会場は甲子園じゃない。
    しかも今の甲子園の場内は広告だらけで、どこがアマチュア野球の聖地なのか。広告の聖地ですよ。海外メディアはその異常さに、選手と広告をモチーフにした写真を撮るんです。高校野球は高校生のための野球なのに、大人のための野球になってしまった。伝統は大事ですが、甲子園を神格化することが、これからの時代にどれだけの意味があるのかを考えていくべきです」


    2018年の夏から水分補給休憩を設けたり、20年春大会から指定スパイクの色を黒色だけでなく熱のこもりにくい白色も可としたが、どれも抜本的な酷暑対策にはならず、昨夏の大会では1試合に4人が足をつった。

    「日本サッカー協会ではWBGT(湿球黒球温度)が31度以上(気温にすると約35度前後)になる場合、試合を中止または延期するという指針を出すなど、試合開催に制限を設けている。炎天下でボールを追いかけているのは野球だけですよ。高校生が甲子園で試合をすると、小中学生も練習しなきゃいけなくなる。指導者は『お前ら、甲子園行きたいなら練習しろ』じゃなく『こんなに暑いんだから練習なんてやめろ』というのが教育者としてあるべき姿です」(前出の小林氏)


    まず甲子園の呪縛から解かれるべきは高野連か。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/1acdfd945649584a3e6c93297fbf1832653e84c7

    (出典 i.imgur.com)



    前スレ
    【高校野球】夏の甲子園で選手の熱中症多発 担架で搬送される選手、足をつり動けない選手… 猛暑問題放置は「高野連の改革アレルギー」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1660145649/

    【進まぬ高校野球の熱中症対策…背景に高野連の改革アレルギー体質か】の続きを読む

    このページのトップヘ